企業理念・基本方針

企業理念

BlueberryField.jpg

ほんとうの笑顔をつくる安心の食をめざして

基本方針

疑わしいものは消費者に供給しない

食べ物は自然と大地の恵み、それをできるだけ清らかにとり入れ、人の健康に寄与する--これが和光食糧グループのテーマの一つです。

和光食糧グループは、日本で初めてアメリカで大豆の契約栽培を始めました。開墾から始まり、3年以上化学肥料、農薬を使用しない畑を作り、大学の育種研究所でも新しい品種があるか調べてもらい、種を作るまでに4〜5年。製品可能な量が収穫出来るまでにさらに4〜5年。トータルして8〜10年の時間がかかります。もちろん遺伝子組み換えはしません。

現在このような畑は、中華人民共和国、ミャンマー連邦などでも展開しています。
「安心」とは「安全」が科学的に実証され、それが継続されて初めて生まれるもの。

私たち和光食糧グループが、農産物についてこれほどこだわる理由は「疑わしいものを消費者に提供しない」という強い信念に基づいて、自らに課している決意です。

時代が要求するスピードとコストパフォーマンス

現代の食はまさに百花繚乱。食卓にはあらゆる国の料理が並び、レストランでは新しいメニューが絶えることなく登場しつづけています。

人々が食に求めるものも、おいしさ、安全、ヘルシーさ、手頃な価格とますます多様化するばかりです。求められる商品をいかに早く、確実に安価に提供できるかが、これからのフードビジネスにおいて成功のカギとなるのではないでしょうか。

自社の加工工場で世界各地から、お客様の商品に合った材料を調達し、オーダーに合わせて加工、調理、保存、出荷まで一貫して行うことで、スピードとコストパフォーマンスに対応し、食作りのベストパートナーを目指します。

会社情報

和光食糧株式会社の会社概要や企業理念、
事業内容や取組みについて、詳しく紹介しています。

新着情報
タグクラウド